株本建設工業 野球部 試合結果

平成26年9月10日 山村グランドにて『浜坂町民野球 決勝トーナメント』が行われました。

株本建設の野球部は、現在若手社員を軸に入社10年以上の社員も持ち味を生かすチーム構成です。

対戦相手は「諸寄クラブ」。主に諸寄在住・出身者で集まっているチームで、野球経験者も多く、安定した強さのあるチームといった印象があります。

試合結果は、1-7でしたが、内容は来年の大会に生きるものだったと思います。

打っては、チームの4番でキャッチャーの入社2年目 谷田祐一君 が、初回から広いグランドの一番深い左中間へフェンス直撃となる二塁打を放ち、先制点を挙げました。

主砲谷田祐一君の会心の一打、特大適時二塁打

 

 

守備では、チームの新エースとなりつつある入社1年目 山本健吾君 がランナーは出すものの、要所で抑えるピッチングで踏ん張る展開。

新エース誕生か!?山本健吾君。

粘りの投球をみせる、山本健吾君。

主将 山本修次さんも、サードで躍動!!

ところが、三回裏の相手の攻撃時、ランナーがたまった場面でヒットを打たれ、バッテリーミス等も重なり、大量失点を許してしまいました。

その後は、攻撃面では相手投手の好投に阻まれ、得点することができず、試合終了。

ただ、ゲーム序盤で大量失点しても、最後まで諦めない姿勢で戦うことができ、チームとして得たものはあったと感じます。

来年も若手とベテランの融合パワーで、予選リーグを勝ち上がり、決勝トーナメントへ進出し、好結果がだせる事を願い来季にも期待したいです。

2014年09月12日